📚 佐藤さとる

2024/06/04

 とても短い作家評第9回です。

 佐藤さとるは本格的ファンタジーを日本で初めて書いたと言われる作家です。 『だれも知らない小さな国』は処女作にして代表作になっています。 この作品には今読んでみても、何か懐かしくて、ひかれるものがあります。 気づくとぐんぐん引きこまれて読んでしまう作品です。

 描写がすぐれているわけでもなく、 ストーリーがそれほどドラマチックというわけでもないのですが、 何か忘れられない味わいのようなものがあります。 それは後年の、例えば『机の上の仙人』などには感じられない、 ある気分です。


 小学生の頃の遊び場を忘れられず、大人になってそこに小人がいるのを発見し、 そこにひそかに小屋を建て、小人たちとともに生活するという、 ある意味で退嬰的とも思えるお話なのですが、 それは、大切なものを忘れてしまう大人への警告を内にもっていると思えます。 ふり返れば、それはあらゆる優れた児童文学のもつメッセージではないかと思えるのです。

Facebookシェア

🕍 同ジャンル最新記事(-5件)

📚 アレクサンドル・デュマ(2024/06/19)

アレクサンドル・デュマは大デュマと呼ばれる18世紀の歴史小説家です...

📚 ジュール・ヴェルヌ(2024/06/14)

ジュール・ヴェルヌはフランスのSF作家で、子供向けの冒険小説を多数書いたことで有名です...

📚 ラーゲルレーヴ(2024/06/09)

ラーゲルレーヴはノーベル文学賞を受賞したスウェーデンの女流作家です...

📚 佐藤さとる(2024/06/04)

佐藤さとるは本格的ファンタジーを日本で初めて書いたと言われる作家です...

📚 那須正幹(2024/05/30)

那須正幹はズッコケ三人組シリーズで有名な児童文学作家です...